先日、仕事帰りのラッシュ時に痴漢疑惑現場に居合わせてしまいました。最終的に男性は捕まらず、女性が男性に謝るとともに、男性も女性に対する言動に対して謝る結果となりましたが、なんとも考えさせられる体験でした。駅員には「あなたがいなければ男性は捕まっていた可能 ...

selfTURN 「自分らしく働く」を考えるメディア に掲載していただきました。記事での自分のコメントを引用しつつ。私はこの7年間、本当に学校現場で奮闘するフェローから多くのことを学んできました。起業当初は、「改革しなければ!」という思いだけが先行して、空回りして ...

今朝(2017年1月5日)の朝日新聞の朝刊で取り上げて頂きました。内容は教育投資について二つの切り口で話をさせて頂きました。そのうちの一つが、教員の質の向上や教職員や学校職員の人数の増減に対する投資について。以前、私も教員の多忙化についてブログを書きましたが、 ...

「ゆとり教育」が日本の教育のガンかのように主張する方がいらっしゃいますが、賛同できません。  子ども達に学ぶ「ゆとり」をつくるために、詰め込み型の教育から脱却し、総合学習などの時間を通して、子ども達同士や社会とつながる時間を設けたわけですから、ザ・21世紀 ...

名古屋大学大学院の内田良准教授が「新任教員の残業 月平均90時間 名古屋 ―運動部指導で若手に多忙のしわ寄せ」というタイトルの記事を寄稿(※1、※2)されています。(引用:新任教員の残業 月平均90時間 名古屋 ―運動部指導で若手に多忙のしわ寄せ)名古屋市教委からデ ...

このページのトップヘ