先日の「DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY」でのトークイベントに関する記事がT-SITEに掲載されました。
 150616_クラウドファンディングイベント①
※偶然、松中さんが写った外観写真。すごくおしゃれな会場でした。

今までクラウドファンディングのプロジェクトを成功させた経験を持っている認定NPO法人グッド・エイジング・エールズの松中権さん、電通のコピーライター・プランナー 銭谷侑さん、モデレーターとしてGREEN FUNDINGの沼田健彦さんと一緒にクラウドファンディングの可能性についてディスカッションしました。

 150616_クラウドファンディングイベント②
私からは、Teach For Japan の課題意識や事業内容を簡単にご紹介させて頂き、2015年春にReadyfor? で実施したプロジェクト(子どもの人生を変える30人の教師を"武者修行合宿"で育成!)を展開していく中で感じたことを共有しました。

団体の立ち上げ当初は、すべて自分の思いをベースに活動を進めていました。実情を話しても理解してくれない人に腹を立てたり、なんでわかってくれないんだと嘆いたりもしていました。けれど、そのまま壁に打ち当たっているばかりでは、何も進まない。自分の思いのみならず、この課題についてまだよく知らない人たちにきちんと向き合い、共感してくださる人を徐々に増やしていき、次のステップに進もうとしているところです。

(中略)

これを機に、新たに私たちの活動を知ってもらえた方々もいます。団体について、あるいは、そもそも課題について知らない人たちに対してこの課題を伝えていくことの難しさを実感しました。しかし、それと同時に、成功体験を積み上げていくことの大切さもわかりました。今回共感をしてくださった方々が、次の機会にはその周りの人にも伝えてくれるかもしれない。そうやって少しずつでも、私たちの活動について共感してくださる人を広め、大げさに言えばですが、社会を動かしていくことが、私たちのやるべきことだと思っています。

記事の本文はコチラ⇒ 社会問題と正面から向き合え、夢も実現する!? 今、クラウドファンディングでできること