創価大学で講演をしてきました。

教育に関心がある学生や、今教員養成課程に所属している学生に対して、

  • 自分の教育に携わることになった原体験
  • 学校現場にどういう思いを持って子ども達向き合ったのか
  • 教職のやりがいや葛藤
  • ハーバードに留学して学んだこと
  • Teach For America との出会い
  • 日本国内の教育課題
  • Teach For Japan のアプローチ

についてお話をしました。
最期はこれから教育に携わろうと思っている人たちに気を付けてほしい/大切にしてほしいポイント、今日からできることをまとめて話をさせて頂きました。

教育現場には「なんとなく」入ってほしくないことを強く訴え、志を大切にしてほしいとお願いをしてきました。

  創価大学講演会
100名以上の学生が参加してくれたこの会を創価大学の学生が主体的に企画・集客・運営を担ってくれていたことを考えると、とても頼もしく思いました。

学生にはもっと貪欲になってほしいですね。
大学が学びを提供してくれないと思う部分があるのであれば、自分が主体的に動き、その学びの場を創っていく姿勢が大切です。

「講演会を開催して、話を聞きたい人を呼ぶ」もその一つかもしれませんね。

学生の皆さん、機会を頂ければいつでもお伺いいたしますので、ご連絡ください。
info@teachforjapan.org