対GDP比の教育支出が低いことは、まず讃えるところから始めよう。

日本、33カ国中32位=教育への公的支出割合-OECD

 

経済協力開発機構(OECD)は15日、2013年の加盟各国の国内総生産(GDP)に占める教育機関への公的支出割合の調査結果を公表した。日本は3.2%と7年ぶりに最下位を免れたものの、比較できる33カ国中ハンガリー(3.1%)に次ぐ32位にとどまり、OECD平均の4.5%も下回った。

 33カ国の中で最も高かったのはノルウェーの6.2%。次いでデンマークの6.1%、ベルギー、フィンランド、アイスランドが各5.6%で、欧州の国々が上位を占めた。

 大学など高等教育への支出を公費で負担している割合は、日本は35%で、韓国(32%)に次いで2番目に低く、大部分を私費で負担している実態が明らかになった。OECDは、日本では高等教育への需要が高いにもかかわらず、公的支出が少ないと指摘した。(2016/09/15-18:39

時事通信:http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091500787&g=soc

 よく日本の教育支出の「低さが問題だ」と話題にあがります。でも少し切り口を変えてみてはどうだろうか?日本は世界の学力テストOECD PISAでは上海とシンガポールに次いでの順位です。このPISAテストは課題解決能力など21世紀型の学力をはかるように設計されているテストです。

学力
ここでしっかりと認識しておきたいのが、、、そもそも上海は国じゃないし、シンガポールは人口規模が500万人なので、1億2000万人の日本とは大きな違い。
ちなみに、社会人の学力においては日本は一位です。(http://jp.reuters.com/article/l4n0hz0r8-oecd-ranking-japan-top-idJPTYE99804H20131009) ということはですよ、視点を変えれば、これだけ投資が少ないのに世界最高レベルの教育水準を保っているということは「これは誇るべきことでもある」ということです。この一億を超える人口規模でこれだけ投資を抑えながら高い教育水準を実現しているわけですから、まずこれは讃えましょう。

日本人はどうしても「自分たちができていないところ」ばかりに目が行ってしまいますよね(結果的にこれが日本人の自己効力感を低めていることにつながっているとおもっているのですが) 。私が世界中のTeach For All 加盟団体の代表と話をすると、常に日本の教育システムが今でも世界のモデルになっている話を聞かされます。

私は別に「日本の教育に問題がない」 ということを言いたいのではなく、まず「できていることをしっかりと認識し、讃えませんか?そこから、どうすればさらに良くしていけるのかを考えていこう」と申し上げているまでです。解決しないといけない課題が山積みだからこそ、できていることをしっかりと認識するべきです。その認識がある方が希望を持てるし、意外とその無意識の中でできてしまっていることの中に、日本の様々な困難を乗り越えるヒントがあると思うのです。

とりあえず、「対
GDP比の教育支出がOECD加盟国最下位だから上げろ!」から「これだけ投資対効果が高いものはあるだろうか?投資対効果が高いものにさらなる投資をするべきではないか?」と論調を変えるだけで、雰囲気が変わるかもですよね。「否定的」にとらえるか、「ポテンシャルがある」と捉えるのかで感じ方考え方が変わるのが面白いですね。