10月5日「教師の日」まであと2日!

これを機会にお世話になった恩師に感謝の気持ちを伝えませんか?直接お会いすることも、お手紙をお書きするのでも素晴らしいと思います。渋谷区の長谷部区長は35年ぶりに小学校の恩師と再会し、感謝の気持ちを伝えられました。

 

当時の担任の先生は80を超える方でしたが、なんと教え子と再会し、相当エネルギーを取り戻したそうです!美容室に行き、久々に外に出て、当時の同僚にもその後会いに行かれたとのこと。

感謝の気持ち、一つ伝えるだけでこれだけ人間って救われるのか。

生きる喜びも見出すのか、、、、そんなことを考えさせられます。

学校の先生は見返りもなく、日々、子ども達のために全力を尽くしてくださっています。感謝の気持ちすら求めて教壇に立っている先生はいない。
なのにも関わらず、社会からはバッシングの対象にしかならない。どの教育イベントに参加しても「日本の教育は課題だらけだ。先生が問題だ」としか耳にしない。

それを変えていきませんか?

「ありがとう」という気持ちを伝えることころから始めていきましょう。

「ありがとう」の連鎖によって教育現場は変わります。先生が変わります。そして日々向き合っている子ども達が変わるはずです。

皆さん、ご協力、どうぞ、宜しくお願い致します。

10
5日は特別イベントも開催されます。

当日は席にはあまり余裕はありませんが(席は先着順)、会場には入れるようになっておりますので、是非ともお越しください!
お申込みはこちらから⇒
http://japan-teachers-week.jp/topics/19

 21