安倍首相が全校一斉休校を要請した。様々な反応がありますね。
「コロナ 休校」の画像検索結果

全校、休校にすれば文句を言う。

休校にしなければ、学校の中で感染が蔓延し、そこがハブとなり大切な家族が感染し、高齢者と同居していれば重症になるかもしれない、らしい。


そういう事態になれば、おそらく「なぜ全校休校にしなかったんだ」と文句を言うんだろうね。

医療機関がこれだけキャパ一杯な状況の中、若者の感染が軽症とはいえ、感染が蔓延して医療機関のキャパ超えも問題だし。


「子どもから大人への感染もほとんど確認できていない」とはいえ、それは今集まっているデータの話で、本当のところもどうかわからないし。これって因果関係もはっきりしているのかな?


**

<学校保健安全法(一部)>
(臨時休業)
第二十条 学校の設置者は、感染症の予防上必要があるときは、臨時に、学校の全部又は一部の休業を行うことができる。
(学校の設置者の事務の委任)
第三十一条 学校の設置者は、他の法律に特別の定めがある場合のほか、この法律に基づき処理すべき事務を校長に委任することができる。

**


つまり、休校を要請したところで、学校長や教育委員会が最終判断をするということ。なのに首相ばっかり責めてどうするんだろうか。どれだけのプレッシャーと戦っているのかを考えれば、その中で意思決定をした人に対してほんの少しばかりのリスペクトを持っても良いんじゃないかな。。


休校にする(僕は個人的には英断だと思っているが)ことによって、当然のことながら様々なリスクがでてきていることは確か。


家庭の支援をどうするのか、、、とか。
経済の停滞も嫌だしね。


でも、中国とかみてみ。徹底的にシャットダウンよ。

それくらいのものと戦っているんだから、中途半端な意思決定ってできないんじゃないかな。おそらくどれとっても「正解」はないんだから。


色々問題でてくると思う。そうしたら、その問題意識を持った人たちが立ち上がって行動を興せばよい。家庭の支援を始めればよいし、できることは山ほどあるだろう。


僕は個人的には休校にしてよかったと思いますよ。人命って尊いし、子どもたちの学びは取り戻せるし。


何よりも子どもたちが少しだけ自由を手にしたんだ。この空白の時間をどう使うのかを考えるのも、これから必要な生きる力なんじゃないかな。


こういう時にすごく感じるけど、自分で判断して自分で行動を興せることってとても大切だなぁ。