Life is Education

カテゴリ: 教育論

来週からChallenges in/with China という授業が始まることもあり、ジャック マーの過去の講演を色々と聞いてました。それで驚いたのですが、ジャックマーの英語は過去4年で相当上達しているのです。2011年と2015年のGSBでの講演を比較しても顕著。2011年「Alibaba's Ma Refl ...

教育再生実行会議が首相に「教師の日」を制定する提言を出しました。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H15_R00C17A6CR0000/国連教育科学文化機関(ユネスコ)が「教師の日」と定めた10月5日に合わせ、日本でも保護者や住民らが参加する各種イベントを催すことで教員 ...

今朝(2017年1月5日)の朝日新聞の朝刊で取り上げて頂きました。内容は教育投資について二つの切り口で話をさせて頂きました。そのうちの一つが、教員の質の向上や教職員や学校職員の人数の増減に対する投資について。以前、私も教員の多忙化についてブログを書きましたが、 ...

「ゆとり教育」が日本の教育のガンかのように主張する方がいらっしゃいますが、賛同できません。  子ども達に学ぶ「ゆとり」をつくるために、詰め込み型の教育から脱却し、総合学習などの時間を通して、子ども達同士や社会とつながる時間を設けたわけですから、ザ・21世紀 ...

名古屋大学大学院の内田良准教授が「新任教員の残業 月平均90時間 名古屋 ―運動部指導で若手に多忙のしわ寄せ」というタイトルの記事を寄稿(※1、※2)されています。(引用:新任教員の残業 月平均90時間 名古屋 ―運動部指導で若手に多忙のしわ寄せ)名古屋市教委からデ ...

このページのトップヘ